[PR] 美容整形

<< 2017 05 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>
スポンサーサイト
--. --. --. (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハルフウェイ
2009. 02. 25. (Wed) 16:52
ハルフウェイ (幻冬舎文庫)ハルフウェイ (幻冬舎文庫)
(2009/02)
北川 悦吏子

商品詳細を見る

目的アリアリの鑑賞です(いつものこと)
目的は、岡田くんでも溝端くんでもなく。
もちろん、きいちゃんデス(声を大)
ほんとにかわいいよね、この子は。
初めてきいちゃんを見た時は、ちいちゃん(池脇千鶴)が出てきた時くらいの衝撃だったよね。
ただ、ほんとうに自然に笑う姿がキラキラしている女の子というか。
自然で嘘がなく笑っているんだろうなと素直に信じられる。
笑顔が可愛い子なんてたくさんいるけど、その笑顔が自然で嘘がないと思える子は少ない。 
        
作品の台詞は、ほとんどアドリブだったようで、それもあってか、とにかくリアルなんですよね。
きいちゃん演じるヒロが言う台詞がねえ、もうかわいくってしかたなかったです。
岡田くん演じるシュウもとても可愛い男の子でした。
シュウが東京の大学を志望していることが発覚してのケンカはほんとにかわいかった。
「何か私にいうことあるんじゃないの?」って上から言う感じとか。
強がってるヒロがほんとにかわいいし、ああ女の子ってこういう言い方するよなあって。
「ないよ。」ってフツーに答えるシュウに「嘘。何かあるでしょ」とかね、ほんと可愛くって。
「好きの比率で言ったらどれくらい?」とヒロが聞くのも可愛かったー。
「1リットルと5リットル。こっちが5リットルでそっちが1リットルだよ。」なんて言うシュウも可愛い。
「じゃあ、その4リットル、今、ちょうだい。私は今寂しいのー!だから、今くれ!」って、ほんと可愛いんだよー、もーなにこのふたりー!
と、劇場でひとりもだもだしていました(怪しすぎる)   
  
ハルフウェイっていうこのタイトルの由来もかわいい。
劇中でも出てくるけど、【halfway】を【ハルフウェイ】と、きいちゃんが間違えて読んでしまったんですね。
それがそのままタイトルになったようで。
そのシーンも、とーっても可愛いです。
全てが可愛いに彩られている作品で、ただ淡々と流れる時間がいいなあと。
ほわほわした空気がいいなあと。
緩くてほわほわしてちょっとあったかいそんな作品でした。
  

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
当blogで使用している画像の著作権等は、それぞれの所有者に帰属するものであり、
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。


copyright (C) mint chocolate all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。