[PR] 美容整形

<< 2017 03 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>
スポンサーサイト
--. --. --. (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッドクリフ Part1
2008. 11. 03. (Mon) 18:44
レッドクリフ 公式ビジュアルBOOKレッドクリフ 公式ビジュアルBOOK
(2008/10/15)
1週間編集部

商品詳細を見る

 
三国志とかね、全く興味ないんです。
が。
金城くんが出演するとなると話は全く別です(ゲンキン)
しかも、トニー・レオンと共演とか、観ずしてどーすんだい。というわけで。
全く興味のない話なのに、張り切って観に行ってきましたー。
     
冒頭で、少しばかり説明が入るので、全く無知な私にはとても親切で分かりやすく、ありがたかったです。
説明があって観始めるのと、全くナシで観始めるのとではかなり違います。
この最初の解説はかなり大きい。
あれがなかったら、意味不明で終わっていたこと間違いないです(情)
って、まあ、無知な私にとってはって話ですがね。
普通に勉強してた人ならそんなんなくても観れるんだと思います・・・
      
人物がたくさん出てくる作品って、まずその人物をちゃんと覚えないとほんと退屈だったり、まったく理解できなかったりすると思うんです。
でも、この作品は、それぞれのキャラクターがほんとにとても魅力的で、分かりやすい。
だから、観ていて混乱することもなく、すんなり入れたんだと思います。
      
2時間30分ありまして、少し長さを感じました。
でも、退屈だったわけではないんですよね。
たぶんドラマ的な部分が多かったからだと思います。
戦闘シーンがもっと多いと思っていたんだけど、意外と心情を見せる部分も多かったのもあって、そう感じたんだと思います。
戦闘シーンを観ながら、戦うのにもやっぱり頭脳って必要なんだ。なんて思いました(笑)
イメージとしては、ただがむしゃらに力と力で戦うって感じだったんですよね。
でも、そうじゃないんだなあって。
戦闘シーンというよりも、その流れが楽しかったかな。
          
観に行く前日にCSでレッドクリフの特集があったので、観ていたんですが、その時にトニーが「自分のイメージは大人しいという人が大半だけど、今までの弱いイメージの僕じゃない部分がある」みたいなことを言っていて。
確かに、トニーに強いイメージはない(失礼)
背も高くないし体格がいいわけでもないので、どんな風に強いわけ?と思っていたんですよね。
見た目としては説得力がないから。
でも、観て納得。
戦闘シーンでは、身軽さがあったり、趙雲の窮地を救ったり、そういう強さが見えるんですけど。
でも、もっと内面的な強さを感じたかな。
上に立つ人の強さがありました、周瑜には。
趙雲とか関羽とか、強いんですよすごく。
でもそこには感じられない強さが周瑜にはあるんですよね。
そんな強さのある周喩に説得力があるのは、トニーのあの演技だからだと思います。
素敵だったなあ。
        
そして、ラストね。
あれは、ナイ。
ひどいー。あんなんひどいー。
わくわくしたとこで、ぶったぎり。
え、ちょ、それは・・・というわけで、Part2も観に行くことは確定です。
         
以下は、脳内平和なわたくしの感想です(ただの駄文です)
    
金城くんはあとで書くとして(長いからねw)
孫権@チャン・チェンの活躍がなかったのが残念。
画面に映る度に、きれいだなあと思わずにはいられないほどのべっぴんさんでしたね~。
きりりと整った綺麗なお顔で、あんなドアップに絶えられるなんて、ほんまべっぴん~。としみじみ。
トニーとか金城くんとはまた違ったオトコマエですよねえ。
Part2での活躍に超期待しております。
そして、一番気になったのが、趙雲です。
なんつったって白馬に乗ってます!(白馬に弱いおれ)
全然王子っぽくないのに白馬!(笑)
でも、趙雲めっちゃ強くてかっこいいんですよね!
「いや、ないないないない」と思うくらい強いです(笑)
しかも、趙雲二刀流キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
めっちゃくちゃかっこいいいいいい!(二刀流にも弱いおれ)
ああ、趙雲素敵!
でもおれ武闘派苦手( ´・ω・`)
というわけで、諸葛孔明@金城くんですよ(本命)
天才軍師、孔明。ですから、とにかく知的で素敵!
最初の登場シーンから、きゃーんきゃーんとおれの頭の中はお花畑です(なんてこと)
だって、草原(?)に耳をつけて目を閉じてるんですよ!
すすすすすてきすぎる!美しすぎる!
そいや、あのシーンは、TTTの冒頭の王さまみたいだった(笑)
まあ、美しさは違うけれども(こらこら)
孔明は常に扇を持っていて、その持っている理由は「熱くなりすぎないように」なんだそうです(笑)
私的には熱い孔明も見てみたいわけですがw
そんな熱くならないための扇で、鳩(孔明が飼ってるらしい鳩)をあおいであげているシーンがすんごい可愛いんですよ!
周瑜に「なんであおいでるのか」って聞かれて、「体を洗ったから乾かしてあげようと思って」とか、ちょーかわいいいいいい!
やめて、孔明やめて。かわいいからやめて。
そして周瑜も「風邪ひくよ」とかやめてー><
なにこのふたりー_| ̄|○ノシノシ
てか、鳩を洗ってあげている孔明とかかわいすぎ_| ̄|○ノシノシ(もちろんそんな映像はありませんが)
そして、慎吾が言ってた(@スマスマ)耳を塞ぐシーンも、強烈にかわゆいですよ。
ちょっとお茶目な孔明なんですよねー。
でも、知的なんです。ああ素敵~。
孔明の衣装は白っぽいですね、ずっと。
part2の予告ではグレーっぽい衣装があったような(楽しみ!)
お馬は白馬ではありませんが、飼っている鳩は白です(笑)
    
まあ女子には女子の楽しみ方がありますよ。ということですかね(えー)
でもほんとに素敵な俳優さんがたくさん出ているし、三国志に興味はなくても、分かりやすいので充分楽しめると思いますよ。
と、やっと最後にまともなコメント(笑)
  
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
当blogで使用している画像の著作権等は、それぞれの所有者に帰属するものであり、
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。


copyright (C) mint chocolate all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。