[PR] 美容整形

<< 2017 08 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>
スポンサーサイト
--. --. --. (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸福な食卓
2007. 02. 07. (Wed) 20:10
小説の方は読んでいません。
だから、頭の中はからっぽで観てきました。
私、この映画すごく好きです。

たぶん、家族再生っていうのが、最大のテーマにはなっているんだとは思うんですが。
でも、そこまで深く掘り下げていなくて。
「父さんは、今日で父さんをやめようと思う」
という台詞から、壮絶なもの(笑)を想像していた私にとっては、ちょっと肩透かしだったんですけど。
主になるのは、主人公の恋愛。
でも、これがとても爽やかに描かれていて、映画ではこっちで正解だったんじゃないかな、って思いました。
もちろん、原作を読んでいないので、映画を観ただけの感想なんですけどね。

主人公の中原佐和子役は、北乃きいちゃん。
なんて爽やかな子なんでしょうか。
春風みたいな子ですね(なんだよそれは)
とても爽やかで穏やかな雰囲気の女の子でした。
そして、転校生としてやってくる大浦勉学役が、勝地涼くん。
この子は、ほんとうに、「あ、いた。」って感じの子。
いつの間にか、そこにいた。っていう印象なんですよ、私の中では。
そういえば、あのドラマでも見たし、あれでも見たよね?っていう。
実年齢は今年で21歳。
だけど、演じるのは中学3年生から高校生。
思いのほか中学生役がはまっていて、大浦役は、ぴったりだな、と思いました。
佐和子のことをじっと見て話すところとか、大げさなくらいの笑顔とか、でもどこか抜けている(というかぼんぼんすぎる)ところとか。
すっごく良かった。
この作品での勝地くんの存在はデカイと思う。
佐和子の兄・直ちゃん役に平岡くん。
まあ可愛らしいことこの上ないです。
直ちゃんっていうのが、とても不思議な雰囲気の人で。
平岡くんのほんわりした感じがあっていました。
何を考えてるかよく分からない、直ちゃんって感じで。
ギターを弾きながら熱唱しているシーンは笑えます。


印象に残る台詞がたくさんあった。
こういう時「邦画っていいな~」って思う。

「すごいだろ? 気付かないところで中原っていろいろ守られてるってこと」
佐和子の嫌いなサバが給食に出るたびに、食べてあげていた大浦。
だけど、実は大浦もサバが嫌いだったと告白した後に言った台詞。
別に、そのサバを食べてどうとか、そういうことではなくて。
なんていうか、この台詞に、全て詰まってる感じがしました。

「かわいそうに。そんなこと言うくらい、傷ついてるんだね」
佐和子が父親に向かって「死にたい人が死に損ねて、死ななくていい人が死ぬなんておかしい」と言った後に、直ちゃんが言った台詞。
このシーンはこの台詞があることで、活きていると思う。

「中原って、かわいそうな家の子なの?」
いつも自転車に乗っていて、携帯も持っていない佐和子に対しての大浦のヒトコト。
これは、印象に残ったっていうより、大浦のキャラが出ているなって思って。
すごく好きでした(笑)考え方がかわいすぎる!

「キスしてもいい?」
「いちいち聞かないでよ」
これも可愛らしかった(笑)
「身長差があって、キスするまでのスパンが長いから、その間に避けられたらイヤだから、聞いてみた」とか、なんとか(笑)


そして、この映画のテーマ曲は、ミスチルです。
「くるみ」
いい曲なのは、知っている。
だから、なんていうか、別にどっちでも良かったんですよね、テーマ曲なんて。
この曲、最後に1度だけ流れるんです。
しかもフルで。
映画館で大きな音で聴くと、歌詞がよく耳に入ってくる。
そして、その歌詞がこの映画にぴったりすぎるくらいのもので。
めちゃくちゃ泣ける。
ここが一番泣いた。
画は、ただ佐和子が歩いているだけ。
音と画で、それまで観てきたものの、全てが出てる気がした。
最後の歌詞は、歩いている佐和子に被る。



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
当blogで使用している画像の著作権等は、それぞれの所有者に帰属するものであり、
その著作権等を意図的に侵害するものではありません。
所有者からの要請があればそれに従います。


copyright (C) mint chocolate all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。